1996年選抜甲子園準決勝 鹿児島実vs岡山城東

常に大会注目のスラッガーをようして

桜島打線と呼ばれる重量打線のイメージがある

鹿実ですが、この年はいつもと違って

参加校の投手の中で地区予選の防御率が1位である

下窪投手を中心に小粒ながらも

(おそらくレギュラーで180cm以上の

選手はいなかったと思います。)

少ない好機を生かして守り勝つチーム。

 

それに対して選抜初出場ながら

帝京、浦和学院明徳義塾という

各地区のチャンピオンでかつ下馬評が高かった

チームをジャイキリして

勢いに乗る岡山城東

 

ちなみに鹿実は九州チャンピオン

岡山城東は中国地区のチャンピオンです。

 

打たせてとるコントロールのいい投手と

堅い守備というチームカラーを持った同士の対戦は

予想通り引き締まった好ゲームとなりました。

 

岡山城東のエース坂本投手は

ボールを低めに集めて内野ゴロを打たせるピッチャー。

投球のテンポも早くて野手も守備のリズムをつくりやすい。

 

初回は内野ゴロ3つで三者凡退に抑えます。

 

鹿実のエース下窪投手は先頭の山上くんに

ヒットを打たれますが後続をたって無得点に抑えます。

 

立ち上がりは無難に押さえた坂本投手ですが

二周り目になってとらえられます。

先制点を許して

4回には恐怖の9番バッター川田選手の長打と

次打者のスクイズ

追加点を許し3-0とリードされます。

 

準々決勝までの下窪投手の出来を考えれば

3点差はセーフティーリードですが

岡山城東も5回裏にすかさず反撃。

2点を返して3-2になり

試合はがぜん引き締まってきます。

下窪投手の2失点は今大会初めてです。

 

終盤も両チーム守りあって迎えた最終回。

 

9回裏の岡山城東の攻撃は先頭打者がヒットで出塁。

2アウトでスコアリングポジションのピンチも

下窪投手が抑えて試合終了。

 

3-2で鹿児島実業が初の決勝進出を決めます。

 

岡山城東もここまでも勝ちっぷりが

単なるまぐれではなくて

実力であると証明するには十分すぎるぐらいの

好チームでした。