1993年夏の甲子園 徳島商vs久慈商

『想いで甲子園』で徳島商の選手が

「こら、もう徳島に帰れんな」と語ったのが

今でも印象に残っている

0-7からの大逆転勝利。

 

1993年夏の甲子園2回戦。

後にプロ野球メジャーリーグで活躍する

本格派右腕、川上憲伸投手をようする

名門徳島商

「東北の小さな巨人」といわれた

167cmの左腕宇部秀人投手をようし

新チームになって県内では無敵の

久慈商の対戦。

 

好投手をようする両チームだけに

投手戦が予想されましたが

久慈商が川上投手の立ち上がりを攻めて

幸先よく先制点をあげたのを皮きりに

中盤にも加点。終盤にもだめ押し点を加えて

8回の表を終わって7-0と大量リード。

 

徳島商の打線も中盤から

宇部投手の投球にタイミングが合ってきますが

捉えた打球はことごとく正面だったり

久慈商外野手の好手にあってしまい

得点をあげることができません。

 

しかし8回裏についに徳島商打線が

宇部投手を捉えます。

記録に現れないエラーも絡んで

7-7の同点に追いつきます。

 

こうなると流れは完全に徳島商へ。

9回表の久慈商の攻撃を

立ち直った川上投手が3者凡退に抑えます。

 

9回裏の徳島商の攻撃は先頭打者が出塁し

サヨナラのチャンス。

安倍アナウンサーの

「東北の小さな大巨人、宇部秀人。

小高いマウンドの上、孤独です、孤独です」

という実況の中

徳島商のバッターの打球が左中間を

真っ二つに引き裂いて試合終了。

 

応援団への挨拶を終えて泣くじゃくる

宇部投手が印象的でした。